オリジナルの曲の作曲の方法

自分たちのバンドをつくったら自分たちの音楽を作っていきたいと思うのではないでしょうか?では、自分たちの音楽はどのように作っていくのがいいのでしょうか?

メロディをつくる

音楽をつくるためのファーストステップはメロディをつくることです。鼻歌を歌う感じで音楽の流れを作り出していくことが必要です。必ずしも楽器を使う必要はありません。メロディができたら、それに合わせたコードを後から追加していきます。一方で最初からコード進行から音楽を作り出していくという作曲法も考えられます。

アレンジを加える

大まかな音楽の流れができたら、メンバー全員でアレンジを加えていきます。それぞれのメンバーによって演出されたアレンジによって曲の独創性をアップさせることになります。アレンジされた結果をもとに作曲者が譜面に書き込んでいきます。音楽が完成したら、それに合わせて歌詞を加えれば完了です。

題材を元に音楽をつくる方法

小説や映像などをモデルにして音楽を作っていくという方法も考えられます。この場合には、バンドのメンバー全員でイメージを共有しながら音楽を創出していくのが最良の方法になります。あるいは特定のジャンルに特化して音楽を作っていくという方法もありえます。モデルやジャンルがあらかじめ決まっている方が実際の音楽は作りやすいといえます。この方法は、オンライン カジノで非常に人気があります。 スロットマシンの音楽の多くは、画像から作成され、特定の雰囲気を作り出しています。

便利なアプリを利用する

非常に便利なアプリが作られています。出来上がった歌をアプリに向かって歌うだけで、譜面を作り上げてくれます。譜面化する作業はなかなか大変ですので、好評となっています。ある日急に良い音楽がイメージされるということも考えられますので、音楽をメモするためのノートは常に持ち歩くようにすべきです。折角のメロディを忘れてしまうことは絶対に避けなくてはなりません。

まとめ

自分たちの音楽を作曲する方法はいろいろな方法があります。結局のところ自分たちの一番やりやすい方法で音楽をつくるのが最良の方法といえます。作曲をするのに便利はツールも多く存在していますので、積極的に活用すれば、スムーズに音楽を作り出すことが可能になります。また、思いついたメロディを残しておくためのメモは常に携帯すべきです。スムーズに音楽をつくりだすことができる時もありますが、そうではない時もありますので、自分にストレスをためないようにして音楽を作っていくようにするべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です